まるこめ隊
黒くてぴっかぴか☆元気いっぱいの愛する子供達との日々

プロフィール

黒ピカ一家

Author:黒ピカ一家
【ダックスブラタンスムース黒ピカ一家】
★オラフパパ・オラフママ
★Olaf(オラフ)美人妻
   爆走大好き筋肉妻
1998年6月7日生まれの女の子
★龍之介(りゅうのすけ)子煩悩パパ
   黒ピカ一家のリーダー。
   1999年4月2日生まれの男の子
★Wiena(ヴィーナ)長女
   おっとり、遅咲き娘。
   2000年7月17日生まれの女の子
★Chiem(キーム)次女
   優しい子。すぐにゴロンして仲良しになる娘
   2000年7月17日生まれの女の子
   2006年3月23日天国へいきました
★Lieb(リープ)三女
   全て私が一番!負けず嫌いなママストーカー
   2000年7月17日生まれの女の子
★まんぷく丸:若作りオジジ
   1994年7月13日生まれの男の子
   元気に17歳を祝ったのに医療ミスで
   2011年7月25日天国へいきました。
★景虎(かげとら):どら息子
   まんぷく丸からのプレゼント。
   可愛すぎる暴れん坊
2011年7月15日生まれの男の子

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Flashリバーシ

by Orfeon

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
感謝をこめて
あれから、10日が経ちました。

11月11日、たまたま用事があり、会社を休んでいると、大事な黒ピカ大先輩の
ダンディ君が、危篤との連絡が。
そして、まもなく、天国へと旅立ったとの報告を飼い主さんから頂き、
休んでいたのも、やはりご縁があったと、居てもたっても居られず、
すぐに静岡のダンディ君に会いに行きました。

まんぷく丸が、着ているハンテンも、ダンディ様に教えてもらったもの。
19歳と10ヶ月。
もう少しで、クリスマスケーキ食べれたし、20歳のお誕生日は盛大になったはずなのに。

他人から見れば、大往生!と簡単に言う人が多いですが、
愛しい我が子に先立たれた悲しみは、すぐにそんな言葉では済まされないです。
その経験がある私には、とてもすぐにその言葉を使うことはできませんでした。

ご自分の子が亡くなった時、簡単にそんな事言える人はたいした繋がりがないと思います。
ただ、『大往生』という言葉で、天国へ送ってあげる気持ちを納得させる為の
ものです。
20歳でも散歩している犬もいる今の世の中、誰だって、欲が出ます。

危篤状態の時、病院で『もう少しでクリスマスケーキ(人間用)食べれるよ!』と
叫んだ飼い主さん(笑)
明るく楽しく、老犬生活を過ごしてました。

床ずれの肩と寒さを和らげられたらと、私がプレゼントした服を着た写真を送ってくれた
のが、つい数日前の事でした。

今年の6月。オラフの10歳の誕生日には、頑張って参加してくれて、
しかも、リープのスカートを見た途端に、ジット動かなかったダンディ君が、トコトコ
追いかけて、リープのわき腹を鼻でツンツン!(笑)
それはそれは、長老とは思えぬ力強さでした。

お別れしたダンディ様は、また、リープのスカート姿を見せたら、起き上がって追いかけて
きそうなほど、安らかで、ただ寝ているかのようでした。

運動会で知り会った時、まだ黒ピカ一家は新米一家、10代のダンディ君には
ただただびっくりしてました。
遠いので年に1度お会いできればいい方でしたが、
飼い主さんの大きくて深くどこまでも優しい愛情には、いつも尊敬せずにはいられませんでした。
そして、その愛にしっかりとこたえて、飼い主さんをいつまでも心配して
名前の通り、ダンディだった、良い男ダンディ様。

巡り会えた事に、心から感謝しています。
天国にいったダンディ様は、きっと、健康そのものの若い頃に戻り、
まさか・・・・キームを追い掛け回してはいないかしら?ほどほどにね。
キームもてるからなぁ~。
天国で、いつまでも、下界を見守ってくれなくていいですよ。
さっさと生まれ変わって、楽しい生涯をまた送って下さいね。

本当に、いままでありがとう♪

最後に、ダンディ君とダンディ君の飼い主さんの気持ちをつづったブログは
コチラをご覧下さい。
スポンサーサイト
三四郎ちち
あぐさんの日記で、ダンディさんがまもなく20歳です、というのを読んで、昨年の朝霧オフ会でのダンディさんを思い出したところでした。
まだ2歳の三四郎にとって、20年近く生きる、ということは、まだまだ想像もつかないことです。
三四郎は一回しか逢っていないけど、事前にオラフママから「ダンディっていう長老犬が居てね~・・・」っていう話は聞いていたけれど、実際に逢うとやはり印象は強烈でした。
ご冥福をお祈りいたします。合掌。
2008/11/21(金) 22:33:45 | URL | [ 編集]
ケンケン
マック爺が居た頃にダン様の存在知って とても嬉しかったんです。 マック爺の遊びワンコ友達が旅立って爺さん仲間を発見して一緒に頑張ろうって思ったもんでした。マック爺のほうがちょっと先に行ってるから
今頃 逢えたかなぁ?
爺様2匹でエロ談議してるかも?
ダン様 ありがとねぇ^^ マック爺の面影を重ねてみてました。
2008/11/22(土) 12:00:22 | URL | [ 編集]
オラフママ
★三四郎ちち様★
三四郎も、ダンディみたいにカッコいいオトナになってねぇ(^_-)-☆
今日も、ボヌで三四郎の話題でした~(^m^)

★ケンケン様★
あはは(^_^;)そうでした。マック爺様もダン様も、キームが優しいからって、追いかけすぎないで下さいよぉ~。
そうですよね。どんどん、見送るようになっていく。
うちもそういう時代に入りました。
寂しいけど、出会えた事には、感謝ですよね。
2008/11/22(土) 20:15:06 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/22(土) 23:29:27 | | [ 編集]
Olive
オラフママ、こんばんわm(._.)m

ダンディ君のことbolgまで行って読ませていただきました。
エルと同じようにお腹(胃)がパンパンに・・・
最期もエルと同じような(ρ_;)・・・・

黒ぴか一家の写真の中でダンディ君を見たことがあり、なんだか寂しくて悲しくて・・・

 でも、飼い主さんもダンディ君もお互いに最高の幸せを胸に持ち何時までも楽しかった時を思い出にすることが出来ると思います。

私は夜に大きな星(一番星)をエルだと思っていつも話しかけています。
 忘れることはできないですよね。

2008/11/22(土) 23:59:43 | URL | [ 編集]
donchiママ
お会いしたこともないのですが、いつもブログを拝見していたのでダンディ様の訃報は私にとってもとても辛かったです。
私はまだワンコを見送った経験はないけれど、その日を思うと今からボロボロになってしまいます。
でも避けられないその日まで、精一杯愛してあげたいし、毎日を一緒に楽しみたい。
ダンディ様とオーナーさんの深い絆は私にもいろんなことを教えてくれたように思います。
別れはさみしくて悲しいけれど、かけがえのない存在に出会えたことに感謝してらっしゃるのでしょうね。
心からご冥福をお祈りします。
2008/11/23(日) 12:43:50 | URL | [ 編集]
オラフママ
★Olive様★
エルちゃんも、いつまでもママさんとコタちゃんの事を優しく見守ってくれてるんでしょうね。
なにより、コタちゃんは、ママさんのこと守って頑張ってるんだよぉ!ってお兄ちゃんに毎日お話してるかもしれませんよね。

★donchiママ様★
そうですよね。精一杯愛情をそそぎ楽しい時間を、今、過ごすことが一番大切なことだと思います。
目に見えなくても、絆はいつまでも永遠だと思いますよね。
2008/11/24(月) 11:30:34 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


copyright 2005-2007 まるこめ隊 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。