まるこめ隊
黒くてぴっかぴか☆元気いっぱいの愛する子供達との日々

プロフィール

黒ピカ一家

Author:黒ピカ一家
【ダックスブラタンスムース黒ピカ一家】
★オラフパパ・オラフママ
★Olaf(オラフ)美人妻
   爆走大好き筋肉妻
1998年6月7日生まれの女の子
★龍之介(りゅうのすけ)子煩悩パパ
   黒ピカ一家のリーダー。
   1999年4月2日生まれの男の子
★Wiena(ヴィーナ)長女
   おっとり、遅咲き娘。
   2000年7月17日生まれの女の子
★Chiem(キーム)次女
   優しい子。すぐにゴロンして仲良しになる娘
   2000年7月17日生まれの女の子
   2006年3月23日天国へいきました
★Lieb(リープ)三女
   全て私が一番!負けず嫌いなママストーカー
   2000年7月17日生まれの女の子
★まんぷく丸:若作りオジジ
   1994年7月13日生まれの男の子
   元気に17歳を祝ったのに医療ミスで
   2011年7月25日天国へいきました。
★景虎(かげとら):どら息子
   まんぷく丸からのプレゼント。
   可愛すぎる暴れん坊
2011年7月15日生まれの男の子

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Flashリバーシ

by Orfeon

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
黒ピカ一家の気持ちを聞きました
以前、キームが亡くなった時、キームの気持ちを聞いてもらいました。
それがアニマルコミュニケーション。
アメリカでは当たり前のようですが、日本ではまだまだ知らない人も
多いですよね。
今回は、Dr佐竹さんというAC(アニマルコミュニケーション)を習得中の方に、あくまでも練習ということで、黒ピカ一家全員の気持ちを
聞いてもらいました。
結果は、とっても参考になり、また感動でした
以下、結果を掲載しますね。
は私からの質問。がうちの子達からの答え。は私の感想です。

龍之介に聞きました
まんぷく丸がいることをどお思う?
まんぷくも家族の一員だと思ってる。
オラフにちょっかいを出したりとかいやな事もあるけど、嫌いではないし、つらくはない。
家族の中のまんぷくの立場はまんぷくもわかってるし僕もわかってる。しいて言うなら、まんぷくの「何かをじっと待つようなしぐさ」や「堂々としてるところ」が気に食わないときがある。
まんぷく丸が気に入らないけど我慢してるのではないかと
 心配だったので、安心しました。さすが龍之介♪

甘えていいのになぜ我慢?
メンツってもんがあるでしょって(笑)
(やっぱり大黒柱だからとかそういう意識があるからなのかしら?)
知ればしるほど、龍之介ってかっこいい♪

お客さんに吠えるのはなぜ?
真っ先に行かなくちゃいけない。悪いやつなら追い返さなくっちゃいけないし、家族(人含め)に教えなければならないから。
これは、私もそうなんだろうなぁと思ってました。
 だから今後は、叱らず、ありがとうって教えるようにしようと思いました。ほんとに責任感の強い男♪

ママは好き?
「好きだよ。(笑ってるところが)ママはカワイイと思う。」
嬉しいママも愛してるわ♪日頃から、私は、龍之介に、「今度生まれ変わったら結婚してね」って言ってたので、片思いじゃないからよかった♪

してほしいことは?
「緑のおおい、静かなところに連れてってほしい。
緑の芝生が見えるけど、他の犬は見えないので、犬が集まるような場所じゃなくということで静かな場所ということみたい。退屈してるのが嫌い。
確かに、以前はよく広い空き地で遊ばせたり、他の犬が少ない場所だったり、貸切で遊んでました。最近は禁止区域が増えたり、
ばい菌が多いのもあり行ってなかったんです。
今度連れてってあげるからね。

オラフに聞きました
なぜトイレシーツかじるの?
美味しいとは思っていないけれど、いやなことがあるとついついやってしまう。
やっぱり。ストレスからだとは思ってましたが、頻繁すぎるので、とても心配でした。

夜、パパを迎えに行くときに行きたがらないのは?
通りたくないところがある。
これもやはりなと思いました。嫌な感じのする場所というものがあるんだと思います。最近は、そういう時は抱っこしてその場を通り過ぎるようにしてます。でも、パパを迎えに行くのが嫌なんじゃなくてよかったわよ(笑)

パパとママは好き?
ママもパパも大好き。ママは声が好き。パパは優しいし良く遊んでくれる。ボールを投げてくれる。
ほっとしました。一番最初に娘になった分色々と我慢してる面もあるし不満いっぱいかと思ったけど、私達とオラフだけで出かけるととっても嬉しそうだったし、好きでいてくれたのね♪
ただねぇ、このボール投げしてくれるってのは、私はやるけどパパは
やってないし、ひょっとして大好きなタラパパの事言ってるかなとも思いました
もしくは、パパにしてほしい願望のようです。

してほしいこと、食べたいもの、好きなこと
好きなことはボール遊び。
洋服を着るのが好き。(白い細い花の柄の服に思い当たりは?)
してほしいことは…他の子は歩いていても私だけはダッコして。
食べ物に関しては、買い物に行った先(おやつがいっぱい展示してあるところ)のおやつを食べたい。野菜を少し食べてみたい。
これはもうオラフを知ってる人ならうなずけますよね♪
ほんっとにボール遊び大好きですからねぇ。
でも、服は嫌いかと思ってましたが、ちゃんと私の手作り服を気に入ってくれてるようで、これがすっご~く嬉しかったです
食べ物もすぐわかりました。以前散歩がてらに寄ってたショップで無料の試食オヤツをあげてたりしたからだね(^_^;)
野菜も時々トッピングしてあげることにしました。
抱っこに関しても、オラフは異常にボール投げして運動してますから、歩きたくなければ抱っこしてあげるのがいいと思いました。

ヴィーナに聞きました
なぜ震えてばかりいるか
最近は寒いし冷えるそうです。気温の差が嫌。
首の付け根辺りの右側がこってるみたいで違和感があるようです。
これはとっても心配してた事ですが、私の深読みだったようです。キームが死んでから、よく震えていつも不安そうで。
寒かったのなら暖かくしてあげるよ(^m^)
右肩の凝りは、病院ではわからないことなので、感謝しました。
こまめにマッサージしてあげることにしました。

不安なこと、心配なこと
「これからどこへ行くの?」お出掛け先がどこなんだろう??という漠然とした心配。
あと、「波」。波がザブーンとしてるところが見えますが…最近海に行きました?あんまり波が得意じゃないような印象がありますけど…。
今まで、ヴィーナは「行くよ」といえば、すっとんで来たから気にしてませんでした。オラフには「●○に行こう」と説明してたのですが、これからはヴィーナにも、行き先の説明をしてあげよう♪
波!これが笑えました!その通りなんです!
初の海水浴でパパがささえてましたが、波がきたらこけました(^_^;)
それ以来、波乗りは、龍之介とキームとリープ。オラフとヴィーナとまんぷく丸は散歩だけという海コースだったんです。
やっぱりなぁって感じでした。

好きな食べ物。
茹でてほぐしたささみ。
あと、オラフママが何か袋から出してる絵が見えますが…(笑)
最近新しいおやつの袋を何かあけましたか?
これもうなずけました!以前はよく大量に市販のササミを茹でて真空パックされたのをオヤツにあげてて喜んでたんです。
最近、そのオヤツをみかけないし、あげてませんでした。
そして、最近我が家は馬肉か鹿肉のおやつがほとんどで、新しいオヤツを開けたばかりでした(笑)

パパ、ママは好き?
ふたりとも大好き。ママはおしゃべりしてるところが好き。パパは早く起きてほしい(?)。ダッコしてくれるところが好き。
ヴィーナは、私がしゃべってると、よ~く私をみつめて聞いてる子なんです。パパには家で独りでしゃべってる(黒ピカ一家に話しかけてるんです)とあきれられてますが、もっともっとお話しちゃお♪
パパの事はよく見てますねぇ!目覚まし通りに絶対起きないんですよ。
お出かけの時にいっつもギリギリまで私が起きて!と騒いでるのを見て、ヴィーナが代わりにお願いしてくれたんですねぇ♪

お外で遊ばずに座っているのはなぜ?
リープも座っているから。でもとても元気。風や自然を楽しんでるだけだから、心配しないで。
これも心配してたんです。キームが走ればヴィーナも走ってたのに、いなくなってから、じっとするだけ。
そして今ではリープが私のところへ来ると必死に走ってきて寄り添うのでヴィーナの心境が心配でなりませんでした。
まぁ、人間でいう、他人に依存するタイプというか流されるタイプのようです。リープは独りでも動くけど、ヴィーナは「じゃぁ私も」って。
元気と聞いて安心しました。

リープに聞きました
外出先で走り回らないのはなぜ?
走ると心臓がどきどきしてしんどくなるときがあるから。
すごい!と思いました。最近、リープは心臓がやや肥大という診断をされました。運動したければしてもOK。だるそうならやめさせてと言われてたので、つまらないのではなく、今は走る気分じゃないってのがわかって安心しました。

ママは好き?
大好き。笑ってるところが好き。
ほんとに、子供達の一言一言が胸につきささります。
キームが死んでから笑えなくなった私を心配そうにみつめて、皆体重が激減しました。それから、笑ってなきゃいけないって思ってました。
こんなに言われたら、いつも笑顔!がどんなに大切か、よくわかりました。

ママにされると嬉しいこと・いやなこと
いっぱいなでてくれながら、話しかけてくれること。
(話を良く聞いてますよ)
いやなことは、ダッコされるとき、抱き上げられるときにすこし手荒いので、窮屈に感じるときがあるそうです。
横抱えって言うんでしょうかね?小脇に抱えるような抱き方。そのときにちょっと「んぐぅ…」と思うそうです。
そうなんです!私は毎日、私のストーカー状態のリープを抱いては、ナデナデして話しかけてます。
そして、この乱暴な抱っこってのも思い当たり汗りました~。
帰宅直後に順番に全員を抱いてお話するんですが、ついついリープをひょいっと抱いてくるっと軽く赤ちゃん抱っこするまでの工程がつらかったようですねぇ(^_^;)ごめんね。

言いたいこと、やりたいこと
お洋服について。お出掛けするときには上が白で、つながってるスカートがピンクのフリルのお洋服が好きだからそれがいいってこと。
色はピンクが好きで、自分のトレードマークのように思ってるみたいです。
これ、速攻わかりました♪私が今年の夏に作ってあげたワンピースの事です♪ほんと嬉しい♪
最近は、寒くなったのでそのワンピは着せてないんだけどね。
それに、昔っから私にとってリープはピンクがイメージカラーでしたが、自然と私がリープに伝えられてたんでしょうね。

まんぷく丸に聞きました
どうしてオラフにマウンティング?
どうやら本能的なものみたいです。どうしてって言われてもねぇ…っていう感じでした。
私は、自分が一番下の立場を理解はしているものの、日夜上になる事を狙ってるのではと思ってましたが!
ただのエロじじぃでした~(ーー;)
ま、若さの秘訣ってやつぅ?

うちの子として暮らすのはどうか?
一番あとに来た子だということと、その立場は自分で
わきまえてる。だけど、気楽にしていられるし、家族の一員として
頑張っているよ。
やっぱり自分の立場はわかってるんですね。ホントに色々な面で賢い子だと思ってましたが。

外出先で噛み付こうとするのはなぜ?
ビックリすることがあると、いらいらに結びついて、パニックのようになってしまう。
そのビックリっていうのは、音の衝撃だったり、急に不穏な空気に変わったりとか何か急激な変化が発端になってしまうようです。
私もそんな感じがしてました。賢く繊細な子なので、周囲の雰囲気を誤解としてもすぐに感じ取ってしまうんですね。
だから、安心させる事を常に心がけてました。
こればかりは、制御のしようがないようです。安心できる場所を増やしてあげるしかないかな。

体の調子は?
鼻がつまってる感じがします。左の膝がだるい感じ。
右肩から右腕にかけてがだるい感じ。
目は明るいところがまぶしく感じるようです。多少はかすんでますが、多少というよりは少々というぐらいに感じます。
さすがですね!鼻は歯肉炎からなのか、かなりくしゃみを頻繁にして良い常態ではないのでつい最近、抗生物質を使うようになりました。目は、健康診断でひっかからなかったけど、今の状態を知りたかったので、ほんっとに役立ちました。
これは病院では絶対わからないですよぉ(^_-)感謝!

パパ、ママについてどう思ってる?
パパ、ママも大好きだし、すべてにおいて「ありがとう」といってます。特にパパに関しては家族の中で一番の存在で、友達でもあり、とにかく大事な存在なんだといってます。(なんだかちょっとうるうるっときてしまうほどパパさんのことは…好きですねぇ…)
この答えを見て、嬉しくて涙が止まりませんした。
飼育放棄した飼い主から私がDRNのスタッフとしてまんぷく丸をひきとりました。だから、
「どうしてお前はおうちからオラを連れ出した!?」と恨んでるのではないか?でも怖くて怖くてしかたないけどここにいるしかないんだと思ってないか?そして、多頭飼いの我が家の子として我慢してるんじゃないか、独りで飼ってくれる人のところへ行けば幸せだったのではないか?日々、これは私の悩むところでした。
でも、まんぷく丸は、ちゃんと私達の息子となってくれてるんだ♪
ありがとうなんて、人間ならそう素直に言えるもんじゃないよ。
こちらこそ、沢山教えてくれてありがとうだよ♪
この後、オラフパパは、さらにまんぷく丸への愛情と絆が強くなったことでしょう
ほんとに家では、パパストーカーなまんぷく丸ですから。

というわけで、いかがでしたか?
信じない人、驚く人、興味津々な人、色々だと思いますが、
私は、信じてます。動物とも、言葉や映像、いろんな形で意思を伝え合う事は可能だと。
愛情があれば、それはもっとわかりやすくなっていくんじゃないでしょうかね。
ストレスや不満いっぱいの子は、質問する前に自分から言いたい放題だったりするようです。
幸い、黒ピカ一家は、これといった不満もなく、私達と家族として楽しく暮らしてくれてるようです♪
これからも、今まで以上に、愛しい黒ピカ一家と楽しい時間を過ごしたいです。
スポンサーサイト
プティママ
アニマルコミュニケーションに興味があったので、一気に読ませていただきました!
ちょっと笑えたり、ちょっと感動したり・・・。
黒ピカ一家は本当に皆仲良しだし、それぞれ認め合ってまさに『家族愛v-344』ですね!!
プティの気持ちを聞いたらきっと不満爆発なんだろうな~(笑)と思いましたv-286
2006/11/13(月) 00:17:41 | URL | [ 編集]
黒ピカ一家
v-132プティママ様v-132
長いのに、読んでくれたのねぇ。ありがとうv-426
ほんとにねぇ、良い子達が我が家の子になってくれて嬉しいよv-345
プティちゃんもおもしろいこと言いそうだけどねぇ(笑)
2006/11/13(月) 05:36:03 | URL | [ 編集]
レンママ
アニマルコミュニケーションて凄いv-237
まんぷく丸のイライラはレンのツンツン攻撃も関係あるのかなv-12なんたってしつこいからv-237まんぷく丸が大好きで大好きでv-238まんぷく丸もきっとレンの気持ちは分かってるよねv-237きっと・・・v-238

レンが入院して1週間。本当にオラフママや皆さんに支えてもらい勇気をもらって・・・私一人だったら・・・と考えると・・・オラフママありがとうv-238v-238v-238
2006/11/13(月) 10:09:51 | URL | [ 編集]
黒ピカ一家
v-350レンママ様v-350
すごいでしょ!
まんぷく丸には、レンの事応援してねって言ってあるからちゃんとわかってると思うよ。
なんだか、つい先週遊んでたのかぁ・・・・・もっと昔に思えるほど、入院期間が長く感じちゃうね。
また少し体力回復してきたらまんぷく丸に会わせてあげなきゃね♪
2006/11/13(月) 18:18:50 | URL | [ 編集]
baronママ
「アニマルコミュニケーション」以前何かテレビで見たことあるような気がします。
こんなに凄いものだとは・・・
私もバロンの気持ちを聞いてみたいです。
「もっとオイラのことちゃんと解ってくれよ」って言われそうだな。「鬼婆」だなんて思われていたら・・・どうしましょうかぁv-395
2006/11/13(月) 20:28:23 | URL | [ 編集]
黒ピカ一家
v-350バロンママ様v-350
キームが亡くなった直後も、その後も私はお世話になってるんです。
でも今、中年~老年になってしまった黒ピカ一家の体調が気になって気になって、今回またお願いしました。
おかげで、まんぷく丸の目の状態も病院では「見えてますよ」くらいだったのが、少しかすむ程度ってわかったし、
他の子達の気持ちもわかり、より絆が深まりましたよ♪
v-379バロン君は、けっしてそんな言葉言わないですよぉ(笑)
きっと、要求はあるだろうけど、ママ好きって言いますよ(^_-)
2006/11/14(火) 05:26:47 | URL | [ 編集]
masae
やっぱり愛情いっぱい注いだ分
ちゃんとわかってくれているんですね♪
オラフパパ、ママさんの感動している光景がわかりますよ。
ラムー達も「幸せ」という言葉を言ってくれるかな?
特にラッキーの事は機会があったら怖いけど
聞いてみたいんです。
2006/11/14(火) 16:28:26 | URL | [ 編集]
黒ピカ一家
v-350masae様v-350
ラムーコンビは、見るからにストレスの無い良い表情をしてますから、幸せにきまってますよぉ。
二人とも、パパママとの暮らしに満足してるでしょv-344
微妙な痛みとかちょっとした事がわかるのは、見ててもわからないことなので嬉しいです。
そして、心配していたけど、皆私達家族として幸せでいてくれるんだと嬉しくなりました♪
2006/11/14(火) 18:11:02 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 まるこめ隊 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。